今週の週末課題(H30.12.12)

本日配布した週末課題プリントを掲載します。週末課題プリント(12月12日配布)

三者懇談会を来週に控え、2学期も残すところわずかとなりました。

12月は「師走」というくらいですから、なんとなく気ぜわしい季節です。2学期の終わり、2018年の終わりを迎えようとしていますが、勉強に終わりはありません。毎日の継続と積み重ねが大切です。

いろいろとイベントが多く、誘惑も多いこの時期ですが、自分で何かきっかけ(スイッチ)をつくって勉強に取り組んでみるとよいでしょう。

たとえば、「この膝掛け毛布を掛けたら勉強モード」とか「ココアを1杯飲んだら勉強のスイッチオン」とか。小さな毎日の習慣が自分だけのスイッチになることがあります。

冬は寒さが厳しくなる時期ですが、家庭での学習にじっくりと集中して取り組み、習慣化させるのに適した時期でもあります。ご家庭でも、ぜひご協力ください。

生徒会役員選挙

先週金曜日、生徒会役員選挙の立会演説会と投開票が行われました。

各立候補者は、桜井中学校生徒会に対する思いや挑戦してみたい取組について熱弁をふるいました。また、フロアの生徒たちも、最後の年を迎える桜井中学校生徒会、新しい明峰中学校への架け橋となる生徒会をよりよくしたいという思いで真剣に聴き入っていました。

立会演説会に続いて投票が行われ、生徒会長、男子副会長、女子副会長の3名の役員が選出されました。

任命式は、20日の生徒総会後に行われる予定です。

今回選ばれた役員を中心として新執行部が組織され、3学期から新しい体制での生徒会活動が動き出します。桜井中学校生徒会という伝統のバトンをしっかりと引き継ぎ、さらに活発な自治活動が行われることを期待します。

今週の週末課題(H30.12.5)

本日配布した週末課題プリントを掲載します。週末課題プリント(12月5日配布)

本校では、今年度の学力向上に向けた取組の一つとして、「家庭学習習慣の定着 平日に90分以上家庭学習をする生徒の割合70%以上」を目標にしています。

これまで3回の調査をしたところ、

1回目(6月)は全校の47.1%

2回目(7月)は全校の48.8%

3回目(10月)は全校の54.8%

の生徒が、平日に90分以上の家庭学習をするようになってきています。

今回の調査は、明日12月6日(木)からの1週間です。これまでの自分の家庭学習時間を振り返って平日と土日の目標時間を個人で設定することになっています。また、調査用紙には、1週間の取組後に反省や感想を書いて自己評価したうえで、保護者の方のサインを記入してもらう欄も設けました。ぜひ、ご家庭でもお子さんの設定した目標時間がどれくらいなのかを確かめたり、毎日の家庭学習が計画通りに進んでいるか声をかけて励ましたりしてあげてください。

2学期の期末考査も終わって冬休みももうすぐ。気もゆるみがちになるこの時期ですが、3年生はここからが正念場。1・2年生も新しい年を迎える前にもう一度、勉強した内容をしっかり復習しておきたいものです。がんばりましょう。

卒業式まで100日

本日、3年生の卒業アルバム用個人写真の撮影がありました。

3年生にとっては、今日を含めて卒業式までちょうど100日。冬休みや土日等の休みを除くと、3年生が登校する日は59日です。(1・2年生は63日)

1・2年生のみなさんにとっても、のこり100日あまりで次の学年へと進級することになります。

さて、春に立てた目標はどれくらい達成できていますか?

今のうちに身に付けておかなければならない勉強や生活の力は大丈夫ですか?

3年生のみなさんは、進路決定期に向けていよいよここからが正念場です。

「100日ある」と先延ばしにせず、「100日しかない」と焦ったり慌てたりもせず、今なすべきことをきちんとなしとげる毎日を着実に積み重ねて、次のステージに進みましょう。

生徒会役員選挙の選挙活動始まる

12月になり、今年も生徒会役員選挙の選挙活動が始まりました。今回選挙に立候補したのは、会長に2名、副会長男子に4名、副会長女子に2名の計8名です。選挙活動は昨日3日(月)から始まり、7日(金)までで、朝の登校時と昼休みの時間帯に、生徒玄関前廊下や中央階段付近で行われます。今日も立候補者が推薦人と共に自分への投票を呼びかけていました。立会演説会及び投票は7日(金)の5、6限に行われます。生徒の皆さんには、次期生徒会役員にもっともふさわしいのは誰なのかをよく考えて、大事な1票を投じてほしいと思います。

 

「親学び講座」開催について

昨日、保護者の皆様宛にPTAからのプリントを配布しました。「親学び講座」開催の案内プリント

これは、PTA活動の一環として一昨年から行っているもので、保護者のみなさんが集まって日ごろ感じておられる子育ての苦労や悩みを自由に語り合うグループ形式での学習会です。

学習会とはいっても、かたぐるしさはほとんどなく、中学生の子をもつ親として日ごろ感じていることや家庭での実践などを気軽におしゃべりし合い、その中で互いに気付きやヒントを促すことをねらいとしています。また、保護者のみなさん同士でつながりができたりネットワークが広がることもあるようです。

実際に、過去に参加された方々も9割以上のみなさんが「とてもよかった」「まあまあよかった」と肯定的な回答をしておられます。

これまではPTA執行部役員や地区役員のみなさんで実施していましたが、3年目の今年はすべての保護者のみなさんを対象にして実施します。ぜひお友達とお誘い合わせのうえ、ふるってご参加ください。

 

日 時  12月12日(水) 19:15~20:30 (受付18:45~)

会 場  桜井中学校会議室

「親学び」資料

全校討論会

本日、6時間目に、本校では初めての試みとなる「全校討論会」を行いました。

これは、大勢の前でも自分の意見を述べることができる力を身に付けたり、互いの意見をよく聞き認め合う態度を養ったりすることを目的として、生徒会が企画・運営した自主的な活動です。

「明峰中学校の初年度は、どのように生徒会を運営したらよいか ~さらに活発な生徒会活動をしていくために~」というテーマのもと、各学級の代表者と12月に行われる生徒会役員選挙の立候補者が意見を述べ合いました。事前に各学級での話合いがもたれていたので、フロアの生徒たちも熱心に耳を傾け、2020年の統合に向けて各々の立場で真剣に考えているようでした。初めての試みでしたが、生徒たちが主体的に意見を交わし合うとても充実した時間となりました。

これからの時代は、人前で自分の意見を発表したり、チームで協力しながら一つのものを創り上げていくために話し合ったりする力が特に重要だと言われます。

しかし、日本人は欧米人に比べてこのような討論やスピーチが不得手だとも言われます。もちろんそれは日本人の能力が劣っているということではなく、謙虚であることが美徳とされる日本の文化や、討論し合って答えや解決策を導き出すという幼い頃からの経験が不足していることが背景にあると考えられます。

ですから、桜井中学校では現在、各教科の授業の中でも「話し合う」時間を重視しています。

ご家庭でも、身の回りの出来事から社会問題までいろいろなことを話題にして、「あなたは、どう考えているの(どういう意見をもっているの)?」とお子さんに問いかけてみてはいかがでしょう。中学生ともなると少しずつ社会のことにも関心が出てきて自分なりの意見や考えをもっている生徒も少なくありません。意外な答えに驚かされたり、成長を感じたりするかもしれませんよ。

 

期末考査が始まりました

今日から2学期の期末考査が始まりました。28日(水)までの3日間、毎日3教科ずつ実施されます。初日の今日は、3連休がんばってきた成果を発揮しようと、みんな真剣な表情で答案に向かっていました。

放課後、質問教室

期末考査まで、あと5日となりました。テスト勉強は進んでいるでしょうか。学校では、毎日、放課後、質問教室を図書室や教室で行っています。生徒は分からない問題を先生に質問したり、テスト勉強をしたりしています。家で勉強しようと思っても、やる気が出ないとか、どのように勉強すればよいか分からないという人は、是非、質問教室に来てください。待っています。

今週の週末課題

本日配布した週末課題プリントを掲載します。週末課題プリント(11月14日配布)

先日の中教研学力調査の答案も返却された頃かと思いますが、復習はしっかりできているでしょうか。テストの前は一生懸命に勉強するけれども、終わった後はほったらかし・・・・という生徒も少なくないかもしれません。各教科の授業の中でも復習や解説をしたり、間違えた部分を宿題として解き直したりしていますが、理解できるまで復習することこそが大切です。

たとえるなら、テストは病院での診察です。自分の弱いところや悪いところがどこなのかを明らかにしているのです。病院へ行って診察だけしてもらって帰る患者さんはいませんね。注射したり、薬を飲んだり、ときには手術したりして治療することが大切なのです。

点数だけで一喜一憂せず、自分の弱点を発見してしっかり復習しましょう。これが再発防止、つまり次に同じような問題が出ても失敗しないための秘訣です。そして、この積み重ねが勉強の力を向上させる道なのです。

1 2 3 43