校名・校章の由来

kousya

 

校名の由来

昭和34年3月31日に、桜井町立中部中学校と東部中学校が統合され、新しい中学校が誕生しました。校名は一般に広く公募されました。多数の応募名の中から、「桜井中学校」が選ばれました。「桜井」という名称は、「鉢の木」の故事で有名な「桜井の庄」からとったものです。黒部市の人々は「桜井の庄」は我が市であると信じ、佐野源左衛門常世の遺跡碑まで建立し、古くから郷土の誇りとしています。

koushou

校章の由来

昭和34年8月1日に制定されたものです。形は校名にちなんで桜の花びら4枚を十字形に配し、花びらのふちの線が「井」を表すように図案化し、その中心に「中」がおいてあります。花びらのもとに小さなガクをそえて全体の美的調和がとられています。色は「井」のふちどりを銀色、なかはいぶし銀、「中」は金色に配色されています。