台風21号接近に伴う対応について(9/3)

大型で非常に強い勢力の台風21号が、9月4日(火)午後に富山県に接近するとの予報が出ています。

生徒の安全確保のため、次のような対応をすることとします。

保護者の皆様におかれましては、ご協力を賜りますようお願いいたします。

・9月4日(火)の下校は、給食後、13時30分とします。

学校までの迎えが必要な場合は、あらかじめご家庭で約束を決めておいてください。

生徒には、寄り道をしないで下校し、不要不急の外出をしないよう指導します。

・9月5日(水)の登校については、台風の状況を踏まえ、安全に気を付けて登校してください。

緊急の対応がある場合には、安全情報メールやHPでお知らせします。

以上、よろしくお願いします。

台風21号の対応について 20180903

 

2学期のスタートです

本日、いよいよ2学期がスタートしました。今学期も、よろしくお願いします。

始業式では、「様々な行事がある2学期を実りあるものにするためにも、あいさつや清掃、時間を守ることなど当たり前のことや小さなことを徹底してやりぬく「凡事徹底」を桜井中学校の校風としてほしい。そして、来たる2020年にスタートする明峰中学校にも引き継いでいってほしい。」との話が校長先生から全校生徒に伝えられました。

受賞披露では、夏休み中に行われた各種大会やコンクールでの優秀な成績を紹介しました。

〇県民体育大会 男子バスケットボール 1位

〇県吹奏楽コンクール 銀賞

〇中部日本吹奏楽コンクール 銀賞

〇全日本中学女子軟式野球大会 準優勝

 

 

 

 

 

 

 

教室へ戻ってからは、「県民一斉防災訓練シェイクアウトとやま」を実施しました。これは、日頃の防災意識を見直し、地震発生直後の身を守るための安全確保行動を身につけるための訓練で、アナウンスの指示に従って全校生徒が一斉に机の下に入って身を守る練習をしました。

 

全校登校日 応援練習がんばりました

今日は、全校登校日でした。

各教室では、久しぶりに顔を合わせた友人と楽しく語らう様子が見られました。

あいにくの雨のため、桜井小学校グラウンドで予定していた体育大会練習を延期して、各団ごとの応援練習を行いました。

どの団も、応援リーダーが中心となって声出しやマスゲームの基本動作の練習を行いました。

明日も全校登校日です。天気は回復するようなので、桜井小学校に移動して体育大会練習を行う予定です。暑くなることが予想されますので、十分な水分と汗の始末ができるようにタオルや必要に応じて着替え等の準備しておいてください。

また、もうすぐ始まる新学期に向けて、睡眠や食事等の生活リズムをしっかりと整えて体調管理をしておくよう、ご家庭でもご協力ください。

吹奏楽部 ドリームコンサート

本日、吹奏楽部によるドリームコンサートが開催されました。

毎年恒例となったこのコンサートも、今年で第40回。会場の体育館にはたくさんの保護者の方やご家族、友人、卒業生らが来場してくださり、温かな雰囲気の中でコンサートが行われました。吹奏楽部全員による息の合った素晴らしい演奏に、会場からは大きな拍手が送られました。特に、3年生にとっては最後のステージということもあり、これまでお世話になった方々への感謝の思いを込めて演奏しました。

ご多用のなか、ご来場いただきました皆様には心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。

来年は、現在の1・2年生が中心となって、新しい体育館でのドリームコンサートとなります。

これからも応援よろしくお願いいたします。

 

がんばりました アルミ缶回収

昨日、生徒会とPTAの共催でアルミ缶回収が行われました。

各地区で家庭や企業から出されたアルミ缶を生徒と保護者のみなさんで協力して回収しました。

回収後は、3年生は学校で回収車にアルミ缶の積み込み作業を行い、1・2年生は各地区で「ふるさとの大クリーン作戦」として清掃や除草作業に汗を流しました。

大変暑い日でしたが、たくさんのご協力を賜り、ありがとうございました。

収益金は、生徒会で検討し、東日本大震災で被災した福島県双葉町への義援金や、市内福祉施設への寄付、学校生活に役立つ物品の購入等に充てることになります。

学習がはかどります

今日も図書室では、3年生を中心に集中して学習に取り組む生徒の姿がありました。家にいるとだらけてしまうということで、毎日図書室で学習している生徒もいるようです。静かで涼しい環境の中、学習もはかどります。午前中の9時から12時まで開いていますので、是非来てください。

校長室から

校長室前の壁面に「凡事徹底」と「才能の差は小さいが、努力の差は大きい。継続の差はもっと大きい。」と書かれたものが掲示してあります。「凡事徹底」はこれまで生徒によく言ってきた言葉です。

「誰でもできる当たり前のことを、誰もまねできないくらい徹底してやる。」ということです。今日の朝、校舎を回っていたら、2年生の男子トイレの掃除用具入れが、きちっと整理されているのに感心しました。まさしく、「凡事徹底」です。

「才能の差は小さいが、努力の差は大きい。継続の差はもっと大きい。」これは、1学期の終業式の式辞で、生徒に贈った言葉です。夏休み、学習や部活動に継続的に取り組み、何か一つでもやり切ったという経験をしてほしいと思います。

1 2 3 4 39